• ホーム
  • カマグラの効果はどれくらい持続する?

カマグラの効果はどれくらい持続する?

薬を飲む男性

カマグラにはシルデナフィルという有効成分が含まれています。安価に勃起不全を治療できるため人気があります。
インターネットの個人輸入代行サイトでは50mgと100mgの錠剤が販売されており、効果の持続時間は4時間から6時間ほどです。
カマグラは性行為の30分前に1錠服用します。100mgだと多い場合にはピルカッターでカットして服用するのが一般的です。
カマグラに含まれるシルデナフィルはペニス周辺の血管を拡張して血流を増やし、勃起不全を改善します。
食事の影響を受けやすいので、服用するのは空腹時が理想的なタイミングです。
またグレープフルーツなどの柑橘類には注意が必要です。
カマグラに含まれるシルデナフィルは、血管を拡張する効果があります。そのため頭痛やめまい、ほてりなどの症状が現れる可能性が存在します。
頭痛などの症状は基本的に軽度ですが、グレープフルーツなどの柑橘類を食べると、症状が強まります。
グレープフルーツなどの柑橘類にはフラノクマリン酸が含まれています。フラノクマリン酸は医薬品の吸収を高める効果があります。
カマグラの効果を強くするだけでなく、頭痛などの症状を強めます。
グレープフルーツ以外にもハッサクやザボンなどに含まれています。一方レモンやバレンシアオレンジなどには含まれていません。
柑橘類を摂取する場合にはフラノクマリン酸が含まれるかどうか確認する必要があります。
カマグラはコストを抑えて勃起不全を治療できるので人気がありますが、服用のタイミングや食事などに注意が必要です。
効果の持続時間は50mgも100mgも4時間から6時間ほどで、時間内は勃起状態を維持できます。何回でも性行為が可能です。
1日の最大使用量は1錠とされます。
媚薬などではないので直接的に性欲を高める効果はありませんが、ペニスを刺激することで勃起します。
頭痛などの症状が現れた場合でも、2時間から3時間ほどで回復するのが通常です。
長時間にわたって頭痛などが持続する場合には、医師に相談する必要があります。

ちょっと待った食事とカマグラ、どっちが先?

カマグラに含まれる有効成分のシルデナフィルは、食事と併用すると効果が半減する可能性が存在します。
なるべく空腹時に服用するのが理想的です。食後に服用する場合には、基本的に2時間ほど間隔を置きます。
ただし中華料理やフランス料理など脂分の多い食事を摂っていた場合には注意が必要です。食後2時間を経過しても胃などに脂分が残っていることがあります。
残留している脂分はシルデナフィルの効果を阻害するので、脂分の多い食事を摂った場合にはさらに間隔を置くことが必要です。
カマグラは基本的に空腹時に服用しますが、食事の摂取がどうしても必要な場合にはあっさりしたものを腹7分目程度に抑えます。
水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
アルコールで服用する場合も、適量であれば問題ありません。適量のアルコールは気分をリラックスさせる効果を期待できます。
気分がリラックスすることで、スムーズな性行為が可能となります。
過度にアルコールを摂取すると、酔い過ぎて性行為ができなくなるので注意が必要です。
カマグラは食前にも食後にも服用できます。しかし食事の前の空腹状態で服用するのが理想的なタイミングです。
空腹時に服用すれば30分ほどで効果が現れます。その後は4時間から6時間ほど効果が持続します。
食事を摂るならば性行為後にするのが合理的です。服用前に食事を摂取していた場合には、食後2時間ほどの時間を空ける必要があります。
空腹でない場合には、性行為の1時間前に服用します。
シルデナフィルは食事の影響を受けて効果が半減するので、食後に服用する場合には量を抑えることが重要です。
また中華料理やフランス料理など脂分が多いものは避ける必要があります。
カマグラを適切に服用すれば、4時間から6時間にわたって勃起不全を改善する効果を期待できます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ