• ホーム
  • シアリスの副作用!シアリスのメリット・デメリット

シアリスの副作用!シアリスのメリット・デメリット

No1サインをしている男性

シアリスはPDE5という酵素の働きを阻害します。
ペニスが勃起するにはcGMPによって平滑筋が緩む必要がありますが、PDE5はcGMPを壊す働きがあります。
PDE5とcGMPのバランスによってペニスの勃起はコントロールされています。
シアリスはPDE5の働きを阻害することで、ペニスの血流を増やし勃起不全を改善します。
勃起不全の治療薬の中でも、シアリスは持続時間が長いというメリットがあります。遅効性なため副作用があまり発症しません。
また食事の影響を受けづらいというメリットも存在します。
他の勃起不全の治療薬には食事の影響を受けて効果が半減しますが、シアリスの場合には800kcal未満の食事であれば影響がありません。
脂分の多い食事を大量に摂るようなことをしなければ、食後に服用しても十分な効果を期待できます。
シアリスには有効成分としてタダラフィルが含まれています。
他の勃起不全の治療薬に含まれる成分と同様に、ペニス周辺の血管を拡張して勃起を促します。
性欲そのものを高めるのではなく、性的刺激を受けた場合にペニスを勃起しやすくするのが特徴です。
他の治療薬とは効果の持続時間に大きな違いが存在します。
シアリスには遅効性があるので、効果は服用後3時間ほどしてから現れます。
その後最大で36時間ほど効果が持続します。他の治療薬は即効性があり、空腹時に服用すると20分から30分ほどで効果が現れます。
一般的に勃起不全の治療薬は血管を拡張するため、軽度の副作用を伴います。
副作用には顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まりなどが存在します。
他の治療薬は即効性なため副作用が出やすいというデメリットがあります。
シアリスは遅効性なので副作用があまり発症しません。他の治療薬は使用者の9割以上に軽度な副作用が現れます。
シアリスを服用して副作用が現れるのは、全体の3割程度です。
デメリットが全くないわけではありませんが、他の治療薬よりも負担が少なくなります。
シアリスは病院で処方を受ける他に、通販サイトでも購入できます。

シアリスのアット通販での価格が安い

シアリスには5mgと10mg、20mgの3種類がありますが、5mgは効果が弱いので一般的にはあまり流通していません。
病院では10mgと20mgの錠剤を処方してもらうことができます。10mgの価格は1錠あたり1700円ほどで、20mgは2000円ほどになります。
アット通販のようなインターネットの個人輸入を代行する通販サイトでは、20mgの錠剤が販売されています。価格は1400円から2000円ほどです。
シアリスは1箱に4錠入っています。アット通販では1箱だけでも注文することができますが、2箱、3箱、5箱、7箱のセット販売も可能です。
セット販売を利用すると1錠あたりの価格が安くなります。1箱だけ購入した場合には販売価格が8280円なので1錠あたり2070円です。
7箱セットだと47354円なので1箱あたりは6764円となり、1錠に換算すると1691円になります。
セットで購入した方が1錠あたりの価格を安くできるため合理的です。
アット通販では基本的に送料が700円かかります。しかし7000円以上の買い物をした場合には送料が無料とされます。
送料がかかる場合には、日本全国どこでも一律700円です。シアリスは1箱あたり8280円なので、送料無料で購入できます。
病院で処方してもらう場合には、シアリスの代金の他に初診料などが必要です。
アット通販のような通販サイトを活用した方が、コストを安くできます。
一般的な勃起不全の治療薬は即効性があるため副作用が出やすいというデメリットがあります。
一方シアリスは遅効性で副作用が発症しづらく、通販サイトを活用すれば安く購入できます。
ただし副作用は3割程度の使用者に発症するとされるので、異常を感じた場合には医師に相談談することが重要です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ