• ホーム
  • レビトラの成分を紹介!レビトラのここがすごい!

レビトラの成分を紹介!レビトラのここがすごい!

嬉しく笑う男性

加齢や仕事のストレスなどが原因でのEDが、中高年の男性の深刻な悩みとなっています。
EDを放置しておくとパートナーとの性行為も億劫となり断り続けると夫婦関係にも影響を及ぼします。
下半身の悩みは知られたくありませんが、やはり病院で専門の医師に相談するか精力剤を購入するなどの対処が必要です。
医薬品のED治療薬には色々な種類がありますが、最近人気がでているのがレビトラという治療薬です。
レビトラは世界で2番目に承認を受けたED治療薬でドイツのバイエル社が開発しました。
日本では2004年に正式認可され現在も人気を保っています。
レビトラの有効成分はバルデナフィルで、これが勃起に効果をもたらします。
バルデナフィルはEDの原因であるPDE-5という酵素成分の働きを阻害する効果があります。
このバルデナフィルの含有量の異なったレビトラが販売されています。
バルデナフィルは少し黄色なのが特徴で、レビトラも黄色となっていますので着色されているわけではありません。
レビトラの種類はバルデナフィルの含有量が10mgと20mgの2種類販売されています。
どちらも効果はありますが、体質やEDの重症度によって処方されるタイプも異なります。
肝心のレビトラの効果ですが、他のED治療薬よりも使いやすいというメリットがあります。
まず食事の影響をうけにくいところが人気です。
このため食事の後に服用しても大丈夫なのでパートナーとデートし食事をした後の性行為にも充分対応できます。
肝心のレビトラの時間ですが、服用後早ければ20分後には効果が現れます。
但し服用すれば勃起するわけではなく、性的興奮時に勃起をしやすくなるというED治療薬であることを理解しておいて下さい。
持続時間は10mgならば約5~6時間で、20mgの場合は約8~10時間程度ですので、安心して性行為にのぞむことができます。
但し副作用もありますので医師とよく相談して購入して下さい。

レビトラはネット総合病院で購入がいい理由

レビトラの購入方法ですが、ドラッグストアでは販売されていません。
これは、ED治療薬は医師の診察を受けてからでないと処方できない決まりになっているからです。
一般の病院でも診察して処方してくれますが、EDで病院に行くのは恥ずかしいものです。
そこで最近注目されているのが、ネット総合病院の存在です。ネット総合病院とは海外から個人でED治療薬等を購入するための輸入代行業者さんです。
ネット総合病院のメリットは意志の診察なしでED治療薬を購入でき、恥ずかしい思いをしなくてすむところです。
ED治療薬は、健康保険は関係ありませんので、通常の病院で購入する価格とそれほど変わりませんし安い場合もあります。
レビトラの価格は10mgが1錠1500円前後で20mgは1800円前後です。
またクレジットカードで購入できるメリットもあります。クレジットカードならばまとまった現金が手元になくても購入できますし、振り込み手数料がかかりません。
更に面倒な個人輸入手続きも代行してネット総合病院がしてくれるというメリットもあります。
ネット総合病院での購入方法ですが、まずはサイトに登録することから始まります。
多数のネット総合病院がありますので、レビトラの値段や信用度で判断して信頼できるサイトに登録しましょう。
やはり老舗のサイトが安心です。登録が完了すれば実際に購入しましょう。
少量を分割で購入するよりはまとめ買いする方が、送料が無料になったりポイントついたりなどの恩恵もあります。
家族に知られずに購入したい場合は運送会社止めなどのサービスや、梱包もシンプルで中身がわからないようにもしてくれるサービスもありますので利用すると良いでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ