• ホーム
  • 俺の彼女は不感症?不感症女子への対応法

俺の彼女は不感症?不感症女子への対応法

彼女との性行為はふたり一緒に快楽を追求するものだと思っている人が多いです。
しかし、意外と不感症女子というのはたくさんいます。
そもそも、女性器は触ればすぐに気持ちの良くなるものというものではありません。
特に経験が浅い場合は、気持ちいいと感じるまでに時間がかかってしまいます。
もし、彼女が不感症女子だった場合の対応は、決して責めてはいけません。
気持ちよく感じられないことを1番悩んでいるのは彼女自身だからです。
不感症だから気持ちよくなれないと思い込んでいると、本当に感じることができなくなってしまいます。
性行為というのは、精神的な影響を強く受けます。
不感症女子への対応として、気持ちよくならないから、自分の好きなようにするというのは1番やってはいけないことです。
彼氏に悪いと思って気持ちいいと感じている演技をしてしまうこともあります。性行為の後に、毎回気持ちよかったかどうかを尋ねるのも避けましょう。
改善するためには、ふたりの協力が必要です。彼女の羞恥心が強すぎると、気持ちいいと感じる余裕がなくなってしまいます。
やさしく抱きしめたり、声をかけることで緊張を解きほぐしていきましょう。
気持ちいい場所があれば伝えるようにして、少しずつ慣れていくことも大切です。感じることは決して恥ずかしいことではありません。
性行為というのは身体だけの問題ではありません。
精神的な影響も強くあり、男性が自分本位の性行為を強要してしまうと、彼女は不感症であると言うことすらできなくなってしまいます。
不感症とひとに言うことはとても勇気がいることです。
そのため、具体的なデーターがないのですが、性行為が可能な女性の半分は不感症の可能性があると言われています。
彼氏や彼女という付き合っている関係から、やがて結婚するようになると不感症の問題はより大きくなってしまいます。
身体的及び肉体的な影響を強く与えるために、夫婦の関係にまで問題が出てしまうことも珍しくありません。

不感症を改善するだけで夫婦の仲がぐっと良くなる

夫婦関係が悪くなってしまうのは、長年一緒にいるためではありません。
不感症という問題があると、お互いに避けてしまったり、すれ違いの生活になってしまうため、精神的な影響から仲が悪くなってしまいます。
そこで、不感症を改善するだけで夫婦の仲はぐっと良くなることが分かっています。
不感症を改善するというのは時間がかかることで、すぐに解決できる問題ではありません。
しかし、それを一緒に乗り超えることで、身体だけでなく気持ちの面でも一緒になることができるでしょう。
話し合いの場が必要ですし、実際にチャレンジすることもあります。
不感症というのは、女性にとって自分が女性らしくないのではないかという強い強迫観念を与えてしまうこともあります。
特に、妊娠や出産を経た女性というのは、性への関心が弱くなってしまったり、濡れにくくなるなどの身体の変化もあるでしょう。
しかし、不感症というのは必ず治すことが可能です。無理に治そうという気持ちは必要ありません。
いつか治ることが分かっていれば、焦ってしまう必要もないでしょう。
夫婦一緒に乗り超えることで、仲が良くなるだけでなく、夜に満足できることが精神的な結びつきも強くすることができます。
不感症であるということは、決して珍しいことでも恥ずかしいことでもありません。
もし相手が感じていないようであれば、責めるのではなくやさしく聞いてみましょう。ふたりで改善することができる問題なので、不必要に頑張ることはありません。
男性も自分のテクニックが悪いのではないかと責めてしまうこともありますが、ふたりで一緒に話し合っていくうちに解消できる問題です。
無理なくゆっくりと、話し合いから進めていきましょう。

関連記事